甲状腺病気の原因や検査方法、予防法などを解説。

甲状腺の病気ガイド

スポンサーリンク

みなさんは甲状腺の病気をご存じですか?

甲状腺の病気としては、主にバセドウ病、橋本病などがあります。甲状腺
バセドウ病は甲状腺ホルモンが多く分泌され、症状としては眼球突出、甲状腺腫大、頻脈
などの症状が見られます。橋本病は慢性甲状腺炎とも呼ばれ、甲状腺ホルモンの低下
自己抗体が甲状腺を攻撃することによる炎症が見られます。

これらの病気を防ぐためには、ミネラルの一種であるヨウ素を多く含んだ食品をとる
ことがよいとされています。ヨウ素は甲状腺ホルモンを作るのを助け、新陳代謝を活発に
する働きがあります。ヨウ素は主にワカメや昆布といった海藻に含まれています。
海藻類が苦手という方や、忙しくて摂取する暇がない方にはマルチビタミンやミネラルの
サプリメントを摂取するのも良いでしょう。

しかし、今度は過剰摂取に注意してください。甲状腺ホルモンが過剰に
分泌されることで、バセドウ病になる可能性があります。ヨウ素の1日の摂取量としては
1日3mgまでに留めるようにしましょう。

甲状腺の病気の検査にはどういったものがあるのでしょうか。
通常、甲状腺の病気の検査は甲状腺刺激ホルモンの血中濃度を調べるものですが
これだけでは詳しい病名を特定することは不可能です。

バセドウ病や橋本病の検査をする場合、採血を行います。
定期健診で良いと思われますが、定期健診では調べない項目であるため
注意が必要です。また、甲状腺の検査として最低限必要な検査に画像検査があります。
画像検査には主に超音波やシンチグラフィー、MRI、レントゲンなどがあります。

甲状腺の病気かなと思ったら、このサイトを活用して様々な情報にアクセスしてみたり、医師の診断を 仰ぐといいでしょう。

スポンサーリンク

このサイトについて

2010 © 甲状腺の病気ガイドallrights reserved.