甲状腺ホルモン分泌が不足になると?

甲状腺の病気ガイド

スポンサーリンク

甲状腺ホルモン分泌が不足になると?

甲状腺ホルモンが多いとバセドウ病などになりますが甲状腺ホルモン分泌が不足するとどうなるのでしょう。

甲状腺ホルモン分泌が不足している状態を「甲状腺機能低下症」と言います。
なんらかの理由により甲状腺のはたらきが低下してしまい甲状腺ホルモンが正常に分泌されない状態です。

症状としては、寒がりになる、倦怠感、疲労館、声がかすれる、便秘、体重増加、むくみ、精神不安定、記憶力の低下、忘れっぽい、皮膚が乾燥する、髪が抜けやすい、月経過多、筋力低下などがあげられます。
要は老化している感じといえるでしょう。こちらも男性よりは女性に多く遺伝する傾向もあると言われています。またこれらの症状から鬱病や怠け者と間違われる事もあるので注意が必要です。また高脂血症の原因にもなります。

病名としては、橋本病、突発性粘液水腫というものがあります。
橋本病は自分の甲状腺を異物とみなして、甲状腺を破壊していく為に甲状腺機能低下症になる病気です。
とはいっても甲状腺機能低下症がみられるのは患者の約40%と言われています。
他は甲状腺が腫れたりします。甲状腺腫が大きいと喉に違和感が起こる場合がありますが、自覚症状もほとんどありません。

甲状腺ホルモン分泌が不足してるのだからと昆布やサプリメントを過剰にとってしまいたくなりますが
一部の人には橋本病を悪化させる原因になる可能性がありますので、必要以上の摂取は危険です。

突発性粘液水腫は甲状腺が破壊された際、萎縮してしまいホルモンが作りきれなくなってしまう病気です。

甲状腺ホルモン分泌が不足した場合の治療方法は、甲状腺ホルモン剤を使用して不足したホルモンを補います。 甲状腺ホルモン剤は最初は少しずつ服用します。ゆっくりと量を増やしていきその人に必要な量を調べるのです。 体調がよくなると安心して服用をやめてしまう方もいると思いますが油断は大敵ですよ。
薬で足りない分を補っている以上、服用をやめてしまうと結局また体調不良になることもあります。

特に橋本病の人は、甲状腺機能が正常ならば心配する事はありません。
甲状腺ホルモン分泌が低下していない限りは治療されないのが一般的です。
ただ、いつ低下するかは解りませんので、定期的に検査を受けましょう!

スポンサーリンク

このサイトについてリンク集

2010 © 甲状腺の病気ガイドallrights reserved.